日常のたわいも無い ひとり言を 書いていくブログです

by hachandesu

多頭飼いの…決断

11が我が家にやって来て 早4ヶ月が過ぎた

飼い主の人は一体どうしたんだろう…と

今じゃスッカリチチバが大好きで いつもくっついている(^з^)-☆Chu!!

マイロもしつこく、うざこくて嫌な時もあるが
日中二匹での留守番の時は心強いのか?
まんざらでもない!

今年に入り、マイロが発情期に入り今がピーク(≧ε≦)

今までは うざがっていたものの、『本能』がそうさせるのか メスとオスとなっている。

マイロは避妊手術をしていないため、時期が来たら対処せねば…と思ってはいた。

我が家に迷い込んできた11はオスなのだ(-.-;)

しかし いつか飼い主が現れたら…返すと 不安を持っていたが、現れない。

もう 我が家の家族の一員と思い生活していたが
マイロは成犬で8才になるため、手術のリスクも高いし、年に二度やってくるこれからの事を考えると、
手術するのなら…11…と考えた。

警察は三ヶ月過ぎたら所有権はこちらにある!と言うものの
正式に生き物の『拾得物』としての書類はないらしく
覚え書きみたいなもので
もし 前の飼い主さんと争う様な事になれば
警察の方が証明します。
的な話となった。

病院の獣医の先生は『万が一…』というケースもない事はないので…
と慎重に話され 書面や形にこだわっているようだった。

スッキリしないまま とりあえずは、
私が家にいる時は二匹を別々にして
夜になるとチチバがリードを付けて 二匹の距離を置き
寝る時は家庭内別居で
一匹ずて2階と1階に別れるのだ。
誰もいない日中は 11がゲージの中に入る。
さすがに自由に行き来していた家の中や外に簡単にでれずに
泣くは、吠えるは、かなりのストレスが襲い掛かっているのが とても辛い
しかし 最後には諦めて ふて寝している11なのだ(∋_∈)

暫くはこの生活が続き目が離せない二匹だが
家族の事件として、しっかり受け止めないと…と思ってますm(_ _)m
[PR]
by hachandesu | 2011-01-12 11:33